ケミカルとノンケミカルの日焼け止め

ノンケミカルとケミカルの日焼け止めの比較

夏が来ると、気を付けたいのが日焼けです。
日焼けは、シミやシワを引き起こすことも少なくないので、女性だけでなく、男性にも注意していただきたいところです。

 

そこで、夏に手放せなくなるのが日焼け止めの存在です。
日焼け止めには2種類あり、ノンケミカルとケミカル入りのものがあるのをご存知ですか。
ノンケミカルの日焼け止めは、ナチュラル成分から構成されていて、自然の鉱物から採取される二酸化チタンや酸化亜鉛が配合されています。
他方、ケミカルの日焼け止めは、アヴォベンゾンやオキシベンゾン等の化学物質で構成されています。

 

ノンケミカルの日焼け止めのメリットは、アレルギー反応等を引き起こしにくい点です。
また、一般的に肌荒れも起こしにくいため、肌が弱い人はノンケミカルがオススメです。
作用としては、肌にダメージを与える要因となるUVAとUVBから、お肌をしっかり守ってくれる効果があります。

 

それに対し、デメリットは、その成分が白いので、肌に塗ると、テカってしまう点です。
ノンケミカルの日焼け止めは、テカることを利用して、紫外線を反射させて、肌に吸収されるのを防ぐため、テカること自体は仕方のないことです。
白人の肌であれば、あまり気にならない程度かもしれませんが、我々日本人の肌には、やはり少してかりが気になってしまうのは否めません。

 

ケミカルの日焼け止めは、まれにアレルギー反応を引き起こすことがあるものの、ノンケミカルのように、白くなることがなく、肌に塗っても、見た目がとても自然です。
とは言うものの、実際に肌に塗った時の見た目も大事ですが、それよりも重要なのが、しっかりと日焼けを防いでくれるかどうかという点です。
ノンケミカル、ケミカルのいずれにしても、UVAとUVBの両方をしっかり防ぐものを選ぶことをオススメします。

ノンケミカル日焼け止めの人気上昇のわけ

近年、ノンケミカルの化粧品等の商品が増加傾向にあります。
中でも特に注目度が高いのが、ノンケミカルの日焼け止めです。

 

日焼け止めには2種類あり、ケミカルのものとノンケミカルのものがあります。
ケミカルのものは紫外線吸収剤とも呼ばれ、紫外線を吸収することで、日焼けを防ぎます。
ノンケミカルのものは紫外線攪乱剤とも呼ばれ、紫外線を散らすことによって、肌に吸収されるのを防ぎます。

 

「SPF」という言葉を目にしたこと、あるいは耳にしたことがあるかと思いますが、別名、紫外線防御指数ともいい、UVB波を防止する効果を表した指標のことで、紫外線を浴びた時、皮膚に赤い斑点ができるまでの時間を何倍にまで引き延ばすことができるかということを表します。
例えば、SPF30だと、赤い斑点ができるまでの時間を30倍まで引き延ばすことができるということです。
ノンケミカルとケミカルを比較すると、ケミカルの日焼け止めの方が高い数値を出します。

 

とは言うものの、効果が高いということは、より肌に負担を強いているとも言えます。
毎年、暑さがひどくなっていく気候を思うと、日焼け止めの効果も強いものを選びたくなりますが、強いものをつけ続けると、さらに肌への負担は大きくなります。

 

このようなジレンマを何とか解決したいという観点からも、ノンケミカルの日焼け止めは、注目が高まっていると言えるでしょう。
肌への負担を可能な限り少なくしたいと思うのは、当然のことです。
紫外線から肌を守るために、肌への負担が大きくなるというのでは、いったい何を守りたいのか、わからなくなってしまいます。
以上のような理由により、ノンケミカルの日焼け止めは、これからより一層注目度が高まってくると言えるでしょう。